第3章 構造強度



第3章

第99条(補則)

 第95条から前条までに定めるもののほか、構造耐力上主要な部分の材料の材料強度は、材料の種類及び品質に応じ、国土交通大臣が地震に対して建築物の安全を確保するために必要なものとして定める数値によらなければならない。
第3章

第98条(溶接)

 溶接継目ののど断面に対する材料強度は、次の表の数値によらなければならない。 継目の形式 材料強度(単位 N) 圧縮 引張り 曲げ せん断 突合せ F F/√3 突合せ以外のもの F/√3 F/√3 ...
第3章

第97条(コンクリート)

 コンクリートの材料強度は、次の表の数値によらなければならない。ただし、異形鉄筋を用いた付着について、国土交通大臣が異形鉄筋の種類及び品質に応じて別に数値を定めた場合は、当該数値によることができる。 材料強度(単位 N/mm...
第3章

第96条(鋼材等)

 鋼材等の材料強度は、次の表1又は表2の数値によらなければならない。 1 種類 材料強度(単位 N/mm2) 圧縮 引張り 曲げ せん断 炭素鋼 構造用鋼材 F F F F/√3 高力ボルト ― F...
第3章

第95条(木材)

 木材の繊維方向の材料強度は、次の表の数値によらなければならない。ただし、第82条の5第二号の規定によつて積雪時の構造計算をするに当たつては、同表の数値に0.8を乗じて得た数値としなければならない。 材料強度(単位 ...
第3章

第93条(地盤及び基礎ぐい)

 地盤の許容応力度及び基礎ぐいの許容支持力は、国土交通大臣が定める方法によつて、地盤調査を行い、その結果に基づいて定めなければならない。ただし、次の表に掲げる地盤の許容応力度については、地盤の種類に応じて、それぞれ次の表の数値によ...
第3章

第94条(補則)

 第89条から前条までに定めるもののほか、構造耐力上主要な部分の材料の長期に生ずる力に対する許容応力度及び短期に生ずる力に対する許容応力度は、材料の種類及び品質に応じ、国土交通大臣が建築物の安全を確保するために必要なものとして定め...
第3章

第92条の2(高力ボルト接合)

 高力ボルト摩擦接合部の高力ボルトの軸断面に対する許容せん断応力度は、次の表の数値によらなければならない。 種類\許容せん断応力度長期に生ずる力に対する許容せん断応力度(単位 N/mm2)短期に生ずる力に対する許容せん断応力...
第3章

第92条(溶接)

 溶接継目ののど断面に対する許容応力度は、次の表の数値によらなければならない。 継目の形式 長期に生ずる力に対する許容応力度(単位 N/mm2) 短期に生ずる力に対する許容応力度(単位 N/mm2) 圧縮 引張り...
第3章

第91条(コンクリート)

 コンクリートの許容応力度は、次の表の数値によらなければならない。ただし、異形鉄筋を用いた付着について、国土交通大臣が異形鉄筋の種類及び品質に応じて別に数値を定めた場合は、当該数値によることができる。 長期に生ずる力...
タイトルとURLをコピーしました