2.5時間でまとめるエスキス手法

だれでも習得できる具体的なエスキス手法を詳しく解説。試験本番で実力を発揮するためにエスキスにかかる時間を安定させよう。

ゼロから学ぶ「2.5時間でまとめるエスキス手法」

条件の読み取り・整理

建物構成の検討

プランニング

エスキス

【step.20】中間チェック|2.5時間でまとめるエスキス手法

(準備中) 目標時間 10分(試験開始後 150分) 使用する製図道具 製図用シャーペンフリクション(レッド) 下書用紙の記入スペース 具体的な手順 プランニング 【step...
エスキス

【step.19】設備シャフト|2.5時間でまとめるエスキス手法

(準備中) 目標時間 5分(試験開始後 140分) 使用する製図道具 蛍光ペン(ピンク、イエロー、グリーン、ブルー)フリクション(レッド) 下書用紙の記入スペース 具体的な手順 プ...
エスキス

【step.18】1/400エスキス|2.5時間でまとめるエスキス手法

(準備中) 目標時間  40分(試験開始後 135分) 使用する製図道具 製図用シャーペン消しゴムヘキサスケール or 三角定規電卓 下書用紙の記入スペース 具体的な手順 プランニ...
エスキス

【step.17】バイコマ|2.5時間でまとめるエスキス手法

(準備中) 目標時間 10分(試験開始後 95分) 使用する製図道具 製図用シャーペン消しゴムフリクション(レッド、オレンジ、グリーン、ブルー) 下書用紙の記入スペース 具体的な手順 ...
エスキス

【step.16】チビコマ|2.5時間でまとめるエスキス手法

(準備中) 目標時間 10分(試験開始後 85分) 使用する製図道具 製図用シャーペン消しゴムフリクション(レッド、オレンジ、グリーン、ブルー) 下書用紙の記入スペース 具体的な手順 ...
エスキス

【step.15】パターン想定|2.5時間でまとめるエスキス手法

(準備中) 目標時間 5分(試験開始後 75分) 使用する製図道具 製図用シャーペン消しゴムヘキサスケール or 三角定規 下書用紙の記入スペース 具体的な手順 プランニング ...
エスキス

【step.14】ゾーニング|2.5時間でまとめるエスキス手法

(準備中) 目標時間 10分(試験開始後 70分) 使用する製図道具 製図用シャーペン消しゴムフリクション(レッド、オレンジ、グリーン、ブルー) 下書用紙の記入スペース 具体的な手順 ...
エスキス

【step.13】部門コマ数|2.5時間でまとめるエスキス手法

(準備中) 目標時間 5分(試験開始後 60分)) 使用する製図道具 製図用シャーペン消しゴムヘキサスケール or 三角定規フリクション(レッド、オレンジ、ブルー) 下書用紙の記入スペース 具体...
エスキス

【step.12】面積チェック|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.12】面積チェックは、各階の床面積をコマ数に換算して、建築面積と床面積の条件をクリアする建築物のサイズを導くステップです。 それでは、詳しい手順を確認していきましょう。 目標時間 5分(試験開始後 55分) ...
エスキス

【step.11】断面計画|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.11】断面計画は、建築物の高さ方向の構成を検討するステップです。 吹抜けや二層空間、上階におけるセットバックを図示することで、プラン(平面図)を考えるときに見えづらい上下階のつながりを確認しておきます。また、部門と外構の...
エスキス

【step.10】簡略機能図|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.10】簡略機能図は、部門のあいだにおける動線を確認するステップです。 履き替えやユニットなど部門内でのゾーニングを指示された場合は、部門内の動線計画も検討しておきます。また、外構をどの部門とつなげるのかを落とし込み、階振...
エスキス

【step.9】計画可能範囲|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.9】計画可能範囲は、設定したアプローチの位置をもとに外構計画を行い、高さ制限を考慮した建築物の計画可能範囲を導くステップです。 このステップでは、建築面積がオーバーしていても構いません。あくまでも、外構計画と高さ制限を考...
エスキス

【step.8】アプローチ|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.8】アプローチは、施設利用者と管理者のアプローチを設定するステップです。 一級建築士の設計製図の試験において、アプローチはその後のプランニングを左右する重要なポイントと言われています。 大きく想定を外してしまうと建...
エスキス

【step.7】外構条件整理|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.7】の「外構条件整理」は、屋外(建築物の屋上を含む)に計画する外構を整理するステップです。 要求室の表の特記事項欄でテラスなどが指示されることもあるので、注意して読み取る必要があります。 このステップまでが「条件の...
エスキス

【step.6】設備計画|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.6】の「設備計画」は、課題文で示されて条件ともとにして空調設備、給水設備、給湯設備、電気設備、消火設備、排気設備、昇降機設備の設備方式と設置する機器および設置階を表にまとめるステップです。 設備方式は指示される場合もある...
エスキス

【step.5】構造計画|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.5】の「構造計画」は、課題文で示された条件をもとにして建築物の構造種別、階数、架構形式、基礎形式、基礎底版のレベルを決めるステップです。 特殊な条件がない場合はお決まりの内容になりますが、必ず下書用紙に書き出しておきます...
エスキス

【step.4】面積条件整理|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.4】の「面積条件整理」は、敷地と建築物の面積を整理するステップです。 敷地については、用途地域と防火地域および斜線勾配を書き出します。 建築物については、建築面積と床面積をコマ数に換算します。 それでは、詳し...
エスキス

【step.3】敷地条件整理|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.3】敷地条件整理は、敷地図から読み取れる条件や制限を整理するステップです。 間違えると一発アウトのおそれがある延焼ラインや斜線制限を、きちんと確認しておくことが重要です。 それでは、詳しい手順を確認していきましょう...
エスキス

【step.2】面積想定&階振り分け|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.2】の「面積想定&階振り分け」は、要求室の床面積と設置階を仮決めするステップです。 【step.11】〜【step.13】で再確認するので、このステップですこしくらいのズレが生じても問題ありません。 ただし、要求室...
エスキス

【step.1】課題文の読み取り|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.1】の「課題文の読み取り」は、課題の全体像を把握するための重要なステップです。 一歩間違えると不合格への道を突き進んでしまうことになるので、よく注意して課題文を読み取る必要があります。 それでは、詳しい手順を確認し...
タイトルとURLをコピーしました