手順2|面積・設置階の想定

手順2
面積・設置階の想定

要求室の床面積と設置階を仮決めする。

床面積は調整しやすいが、設置階は建物構成を決定づける条件なので要注意。

手順11〜13で再検討するので、少しの想定ミスは許容される。

目標時間:10分(試験開始後 20分)

使用する製図道具

  • 製図用シャーペン
  • 消しゴム
  • ヘキサスケール

2-1. 設置階の表作成

要求室の表の左または右に表を作成する。

2-2. 要求室の面積想定

床面積が「適宜」とされている要求室の面積を想定する。

2-3. 部門ごとの合計面積の算出

各部門のボリュームを把握するために、部門ごとの合計面積を算出する。

2-4. 要求室の設置階想定

諸条件をもとに各要求室の設置階を想定する。

2-5. 階ごとの合計面積の算出

各階のボリュームを把握するために、階ごとの合計面積を算出する。


手順3|敷地条件整理 完成イメージ
手順3|敷地条件整理 完成イメージ

>> 手順3|敷地条件整理へ進む


一級建築士試験の設計製図エスキス講座
TOPページ

設計条件の整理

建物構成の検討

プランニング

コメント

タイトルとURLをコピーしました