手順3|敷地条件整理

手順3
敷地条件整理

敷地図をトレースして、敷地状況から読み取れる条件や制限を整理する。

一発アウトのおそれがある延焼ラインや斜線制限を、正しく読み取ることが重要。

手順3|敷地条件整理の完成イメージ
手順3|敷地条件整理 完成イメージ

目標時間:5分(試験開始後 25分)

使用する製図道具

  • 製図用シャーペン
  • 消しゴム
  • ヘキサスケール
  • フリクション(赤、青、緑)
手順3|敷地条件整理の下書用紙スペース
手順3|敷地条件整理 下書用紙の記入スペース

3-1. 敷地図のトレース

手順3|敷地条件整理 敷地図のトレース
手順3|敷地条件整理 敷地図のトレース

問題用紙の敷地図から次の項目を、下書用紙に1/400でトレースする。

  • 敷地の形状
  • 敷地境界線の辺長
  • 道路幅員
  • 歩道
  • 方位
  • 注意すべき周辺条件

道路境界線は少し長めに引いて、一目で隣地境界線と区別できるようにしておきましょう。

令和2年度の製図試験では、「歩道の切り開き」を図示又は記入するように求められたので、歩道もトレースしておきます。

平成19年度以前には、敷地に対して北の方角が振れていたことがあるので、方位も必ずチェックしてください。

すべての周辺条件をトレースしている時間はないので、エスキスに影響しそうな注意すべき周辺条件をピックアップします。

ヘキサスケールを使用すると、寸法をあたりながら直線が引けます。

3-2. 延焼ライン

手順3|敷地条件整理 延焼ライン
手順3|敷地条件整理 延焼ライン

接道条件と隣地種別を確認して、1階および2階以上の階における延焼ラインを書き込む。(画像の赤ライン)

隣地境界線および道路中心線から、1階にあっては3m、2階以上にあっては5mの距離が延焼になります。

延焼ラインの書き忘れが「法令の重大な不適合等」と見なされると、一発アウトの可能性があるので注意が必要です。

同一敷地内の2以上の建築物相互の外壁間の中心線からも延焼のおそれのある部分は生じますが、一級建築士の設計製図試験では想定されない条件と言えます。

防火上有効な公園広場川その他の空地又は水面、耐火構造の壁その他これらに類するものに面する部分は「延焼のおそれのある部分」から除かれるので、隣地がいずれかに該当する場合は延焼ラインは生じません。

3-3. 道路斜線2Aエリア外

手順3|敷地条件整理 道路斜線2Aエリア外
手順3|敷地条件整理 道路斜線2Aエリア外

敷地の二方向以上が接道している場合に、幅員の広い道路から2Aかつ35m以内のまわり込みから外れる範囲を書き込む。(画像の青ライン)

幅員の広い道路から、広いほうの幅員Aの2倍かつ35m以降で、せまいほうの幅員Bの道路中心線から10m以内の範囲は、せまいほうの幅員Bで道路斜線を検討しなければいけません。

この見落としにより、道路斜線に適合していない建築物としてしまい不合格になることがあるので、注意してください。

接道が一方向の場合、この検討は不要です。

3-4. 車両進入禁止エリア

手順3|敷地条件整理 車両進入禁止エリア
手順3|敷地条件整理 車両進入禁止エリア

車両進入禁止エリアを書き込む。(画像の緑ライン)

交差点や横断歩道の側端から5mの範囲に、駐車場の出入り口を設けることは禁じられています。(駐車場法施行令第7条→道路交通法第44条)

一級建築士の設計製図試験で問われる内容ではないかもしれませんが、標準解答例を見るかぎり、交差点や横断歩道の側端から5mの範囲には駐車場の出入り口は設けられていません。

交差点や横断歩道の側端から5mの範囲を避けて、駐車場の出入り口を計画しましょう。

横断歩道が影響する場合は、横断歩道の位置や幅をスケールで寸法を測って、車両進入禁止エリアを書き込みます。


手順4|面積条件整理 完成イメージ
手順4|面積条件整理 完成イメージ

>> 手順4|面積条件整理へ進む


一級建築士試験の設計製図エスキス講座
TOPページ

設計条件の整理

建物構成の検討

プランニング

コメント

タイトルとURLをコピーしました