【step.5】構造計画|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.5】の「構造計画」は、課題文で示された条件をもとにして建築物の構造種別、階数、架構形式、基礎形式、基礎底版のレベルを決めるステップです。

特殊な条件がない場合はお決まりの内容になりますが、必ず下書用紙に書き出しておきます。

それでは、詳しい手順を確認していきましょう。

目標時間

2分(試験開始後 29分)

特殊な条件がない限り、問題用紙から情報を書き写すだけなので、1分もあれば構造計画を整理できるようになります。

使用する製図道具

  • 製図用シャーペン
  • 消しゴム

下書用紙の記入スペース

【step.5】構造計画

具体的な手順

構造計画の手順
  • 手順1
    建築物の構造計画
    構造種別、階数、架構形式を書き出す。
  • 手順2
    基礎の構造計画
    基礎形式、基礎底版のレベル、地盤改良の有無を書き出す

建築物の構造計画

【Ⅰ.設計条件】の【2.建築物】で指定される、構造種別階数を書き写します。

耐震壁の指定がなければ、架構形式は純ラーメン架構とします。

【3.留意事項】や【4.計画の要点等】で問われる構造計画に関する内容と相違しないように注意してください。

基礎の構造計画

【Ⅰ.設計条件】の【1.敷地及び周辺条件】に「地盤は良好であり、杭打ちの必要はない。」と記載されている場合、基礎形式をべた基礎とし、基礎底版のレベルをGL-2.0mとします。

地盤略断面図が示される場合は、N値を確認して適切な基礎構造とします。

【3.留意事項】で基礎構造について、「経済性を踏まえて」や「経済性に配慮して」と指示されることがありますが、独立基礎で計画しなくても問題ありません。

条件の読み取り・整理

コメント

タイトルとURLをコピーしました