1-5. 構造計画

1-5. 構造計画

建築物の構造種別、階数、架構形式、基礎形式、基礎底版のレベル、地盤改良の有無を決める。

特殊な条件がない場合は、決まった内容になる。

1-5. 構造計画 完成イメージ
1-5. 構造計画 完成イメージ

目標時間:2分(試験開始後 29分)

使用する製図道具

  • 製図用シャーペン
  • 消しゴム
1-5. 構造計画
  1. 1-5-1. 建築物の構造計画
  2. 1-5-2. 基礎の構造計画
1-5. 構造計画 下書用紙の記入スペース
1-5. 構造計画 下書用紙の記入スペース

1-5-1. 建築物の構造計画

1-5-1. 構造計画 建築物
1-5-1. 構造計画 建築物

【Ⅰ.設計条件】の【2.建築物】で指定される、構造種別階数を書き写します。

耐震壁の指定がなければ、架構形式は純ラーメン架構とします。

【3.留意事項】や【4.計画の要点等】の構造計画に関する項目と、相違しないように注意してください。

指定されないかぎり、構造種別は鉄筋コンクリート造とします。

1-5-2. 基礎の構造計画

1-5-2. 構造計画 基礎
1-5-2. 構造計画 基礎

【Ⅰ.設計条件】の【1.敷地及び周辺条件】に「地盤は良好であり、杭打ちの必要はない。」と記載されている場合、基礎形式をべた基礎とし、基礎底版のレベルをGL-2.0mとします。

地盤略断面図が示される場合は、N値を確認して適切な基礎構造を選びます。

既存建築物の撤去等による埋め戻し部分がある場合、その部分に地盤改良を施します。

【3.留意事項】で基礎構造について、「経済性を踏まえて」や「経済性に配慮して」と指示されることがありますが、独立基礎で計画する必要はありません。


1-6. 設備計画 完成イメージ
1-6. 設備計画 完成イメージ

>> 1-6. 設備計画へ進む


設計条件の整理

建物構成の検討

プランニング

タイトルとURLをコピーしました