【step.9】計画可能範囲|2.5時間でまとめるエスキス手法

【step.9】計画可能範囲は、設定したアプローチの位置をもとに外構計画を行い、高さ制限を考慮した建築物の計画可能範囲を導くステップです。

このステップでは、建築面積がオーバーしていても構いません。あくまでも、外構計画と高さ制限を考慮した建築物の計画可能範囲(最大平面形状)を導くことが目的です。

それでは、詳しい手順を確認していきましょう。

目標時間

5分(試験開始後 44分)

使用する製図道具

  • 製図用シャーペン
  • 消しゴム
  • ヘキサスケール or 三角定規

下書用紙の記入スペース

【step.9】計画可能範囲

具体的な手順

計画可能範囲の手順
  • 手順1
    外構計画
  • 手順2
    高さ制限の検討

建物構成の検討

コメント

タイトルとURLをコピーしました