一級建築士試験の用語集 ま行

一級建築士試験の用語集「ま行」のページです。一級建築士試験にまつわる「ま行」の用語をまとめています。 試験対策をしていて分からない単語があるときに、ぜひお使いください。

五十音で探す

準備中
準備中
準備中
準備中

科目で探す

ま行

まぐさ

まぐさとは、開口部の上部に渡している横架材をいう。 まぐさ上部の荷重を支えたり、サッシや建具を留め付けるたりする役割がある。
ま行

マグニチュード

マグニチュードとは、地震の規模を示す単位をいう。 震源から送り出されるエネルギー全体を量的に表したもので、マグニチュードの値が1だけ大きくなるとエネルギーは約30倍になる。
ま行

曲げ降伏

曲げ降伏とは、曲げモーメントにより部材断面が降伏(弾性限度を超えて、ひずみが急激に増している状態)することをいう。 靭性のある建築物とするためには、部材がせん断破壊をする前に曲げ降伏するように設計する。
ま行

マスキングテープ

マスキングテープとは、仮貼りして被着材の汚れを防ぎ、目地等の仕上がり線を通りよくするための保護テープをいう。 塗装工事やシーリング工事で使用される。
ま行

マスコンクリート

マスコンクリートとは、部材断面の最小寸法が大きく、かつ、セメントの水和熱による温度上昇で有害なひび割れが入るおそれがある部分のコンクリートをいう。 ダムや橋桁などの大規模な構造物を造るときに用いられる。
タイトルとURLをコピーしました