有効細長比

有効細長比とは、断面の最小二次率半径に対する座屈長さの比をいう。

木造では建築基準法施行令第43条第6項、鉄骨造では建築基準法施行令第65条第1項に記述されている。

用語 有効細長比
読み ゆうこうほそながひ
科目 構造
重要度 ★★★★☆
出題年 H12 H9

五十音で探す

科目で探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました