逆打ち工法

逆打ち工法とは、掘削と並行して地下構造物を構築していく山留め工事の工法をいう。

支保工として機能する地下構造物の下部で地下作業を行うので、施工手順を十分に検討する必要がある。

用語 逆打ち工法
読み さかうちこうほう
科目 施工
重要度 ★★☆☆☆
出題年 H20 H16

五十音で探す

科目で探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました