第4章 耐火構造、準耐火構造、防火構造、防火区画等



第4章

第116条(危険物の数量)

 法第27条第3項第二号の規定により政令で定める危険物の数量の限度は、次の表に定めるところによるものとする。 危険物品の種類数量常時貯蔵する場合製造所又は他の事業を営む工場において処理する場合火薬類(玩具煙火を除く。)火薬2...
第4章

第115条の4(自動車車庫等の用途に供してはならない準耐火建築物)

 法第27条第3項(法第87条第3項において準用する場合を含む。次条第1項において同じ。)の規定により政令で定める準耐火建築物は、第109条の3第一号に掲げる技術的基準に適合するもの(同条第二号に掲げる技術的基準に適合するものを除...
第4章

第115条の3(耐火建築物等としなければならない特殊建築物)

 法別表第1(い)欄の(2)項から(4)項まで及び(6)項(法第87条第3項において法第27条の規定を準用する場合を含む。)に掲げる用途に類するもので政令で定めるものは、それぞれ次の各号に掲げるものとする。一 (2)項の用途に類す...
第4章

第115条の2(防火壁又は防火床の設置を要しない建築物に関する技術的基準等)

法第26条第二号ロの政令で定める技術的基準は、次のとおりとする。一 第46条第2項第一号イ及びロに掲げる基準に適合していること。二 地階を除く階数が2以下であること。三 2階の床面積(吹抜きとなつている部分に面する2階の通路その他...
第4章

第115条(建築物に設ける煙突)

建築物に設ける煙突は、次に定める構造としなければならない。一 煙突の屋上突出部は、屋根面からの垂直距離を60cm以上とすること。二 煙突の高さは、その先端からの水平距離1m以内に建築物がある場合で、その建築物に軒がある場合において...
第4章

第114条(建築物の界壁、間仕切壁及び隔壁)

 長屋又は共同住宅の各戸の界壁(自動スプリンクラー設備等設置部分その他防火上支障がないものとして国土交通大臣が定める部分の界壁を除く。)は、準耐火構造とし、第112条第4項各号のいずれかに該当する部分を除き、小屋裏又は天井裏に達せ...
第4章

第113条(木造等の建築物の防火壁及び防火床)

 防火壁及び防火床は、次に定める構造としなければならない。一 耐火構造とすること。二 通常の火災による当該防火壁又は防火床以外の建築物の部分の倒壊によつて生ずる応力が伝えられた場合に倒壊しないものとして国土交通大臣が定めた構造方法...
第4章

第112条(防火区画)

 主要構造部を耐火構造とした建築物、法第2条第九号の三イ若しくはロのいずれかに該当する建築物又は第136条の2第一号ロ若しくは第二号ロに掲げる基準に適合する建築物で、延べ面積(スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、泡消火設備その他こ...
第4章

第111条(窓その他の開口部を有しない居室等)

 法第35条の3(法第87条第3項において準用する場合を含む。)の規定により政令で定める窓その他の開口部を有しない居室は、次の各号のいずれかに該当する窓その他の開口部を有しない居室(避難階又は避難階の直上階若しくは直下階の居室その...
第4章

第110条の5(警報設備の技術的基準)

 法第27条第1項第一号の政令で定める技術的基準は、当該建築物のいずれの室(火災の発生のおそれの少ないものとして国土交通大臣が定める室を除く。)で火災が発生した場合においても、有効かつ速やかに、当該火災の発生を感知し、当該建築物の...
タイトルとURLをコピーしました