第5章の4 建築設備等



第5章の4

第129条の15(構造)

 前条の避雷設備の構造は、次に掲げる基準に適合するものとしなければならない。一 雷撃によつて生ずる電流を建築物に被害を及ぼすことなく安全に地中に流すことができるものとして、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の...
第5章の4

第129条の14(設置)

 法第33条の規定による避雷設備は、建築物の高さ20mをこえる部分を雷撃から保護するように設けなければならない。
第5章の4

第129条の13の3(非常用の昇降機の設置及び構造)

 法第34条第2項の規定による非常用の昇降機は、エレベーターとし、その設置及び構造は、第129条の4から第129条の10までの規定によるほか、この条に定めるところによらなければならない。 2 前項の非常用の昇降機であるエレベ...
第5章の4

第129条の13の2(非常用の昇降機の設置を要しない建築物)

 法第34条第2項の規定により政令で定める建築物は、次の各号のいずれかに該当するものとする。一 高さ31mを超える部分を階段室、昇降機その他の建築設備の機械室、装飾塔、物見塔、屋窓その他これらに類する用途に供する建築物二 高さ31...
第5章の4

第129条の13(小荷物専用昇降機の構造)

 小荷物専用昇降機は、次に定める構造としなければならない。一 昇降路には昇降路外の人又は物がかご又は釣合おもりに触れるおそれのないものとして国土交通大臣が定める基準に適合する壁又は囲い及び出し入れ口の戸を設けること。二 昇降路の壁...
第5章の4

第129条の12(エスカレーターの構造)

 エスカレーターは、次に定める構造としなければならない。一 国土交通大臣が定めるところにより、通常の使用状態において人又は物が挟まれ、又は障害物に衝突することがないようにすること。二 勾配は、30°以下とすること。三 踏段(人を乗...
第5章の4

第129条の11(適用の除外)

 第129条の7第四号、第129条の8第2項第二号又は前条第3項第一号から第三号までの規定は、乗用エレベーター及び寝台用エレベーター以外のエレベーターのうち、それぞれ昇降路、制御器又は安全装置について安全上支障がないものとして国土...
第5章の4

第129条の10(エレベーターの安全装置)

 エレベーターには、制動装置を設けなければならない。 2 前項のエレベーターの制動装置の構造は、次に掲げる基準に適合するものとして、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものとしなければならな...
第5章の4

第129条の9(エレベーターの機械室)

 エレベーターの機械室は、次に定める構造としなければならない。一 床面積は、昇降路の水平投影面積の2倍以上とすること。ただし、機械の配置及び管理に支障がない場合においては、この限りでない。二 床面から天井又ははりの下端までの垂直距...
第5章の4

第129条の8(エレベーターの駆動装置及び制御器)

 エレベーターの駆動装置及び制御器は、地震その他の震動によつて転倒し又は移動するおそれがないものとして国土交通大臣が定める方法により設置しなければならない。 2 エレベーターの制御器の構造は、次に掲げる基準に適合するものとし...
タイトルとURLをコピーしました