第65条(圧縮材の有効細長比)


 構造耐力上主要な部分である鋼材の圧縮材(圧縮力を負担する部材をいう。以下同じ。)の有効細長比は、柱にあつては200以下、柱以外のものにあつては250以下としなければならない。


コメント

タイトルとURLをコピーしました