第137条の5(長屋又は共同住宅の各戸の界壁関係)


 法第3条第2項の規定により法第30条の規定の適用を受けない長屋又は共同住宅について法第86条の7第1項の規定により政令で定める範囲は、増築については増築後の延べ面積が基準時における延べ面積の1.5倍を超えないこととし、改築については改築に係る部分の床面積が基準時における延べ面積の1/2を超えないこととする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました