第123条の2(共同住宅の住戸の床面積の算定等)


 主要構造部を準耐火構造とした共同住宅の住戸でその階数が2又は3であり、かつ、出入口が一の階のみにあるものの当該出入口のある階以外の階は、その居室の各部分から避難階又は地上に通ずる直通階段の一に至る歩行距離が40m以下である場合においては、第119条、第121条第1項第五号及び第六号イ(これらの規定を同条第2項の規定により読み替える場合を含む。)、第122条第1項並びに前条第3項第十二号の規定の適用については、当該出入口のある階にあるものとみなす。


コメント

タイトルとURLをコピーしました