第135条の5(天空率)


 この章において「天空率」とは、次の式によつて計算した数値をいう。
Rs=(As-Ab)/As
この式において、Rs、As及びAbは、それぞれ次の数値を表すものとする。
Rs 天空率
As 地上のある位置を中心としてその水平面上に想定する半球(以下この章において「想定半球」という。)の水平投影面積
Ab 建築物及びその敷地の地盤をAsの想定半球と同一の想定半球に投影した投影面の水平投影面積


コメント

タイトルとURLをコピーしました